ずっとすきだよ | 美月ここねofficial site

ずっとすきだよ

「おかあさんのこと、ずっとすきだよ。」

昨夜、かなり本気で言い合って、
彼も泣きながらぶつかってきた。
私も泣いた。 

高3の、まだ成熟はしていないけれど、
色々なことをふまえての考えを聴いて、
この子は、だいじょうぶだと感じた。

そして今朝、
「おかあさんのこと、ずっとすきだよ。」
の一言を言い残して、
次男は3泊4日の受験の旅に出発した。

いつもなら振り返らないのに、
スーツケースをもった彼は、
珍しく振り返って手を振った。

嬉しいのか、
寂しいのかわからないけど、
その後ろ姿を見送って、
またひとつ、子離れのための涙。

毎晩こどもたちは、
もー、えーからっ。というぐらい、
ひっついてきた。

頭も肩も手もぎゅーーーって。

つないだ手が、
ふーーーっと緩むのを確認して、
そーっと起きだし、

長男の言語指導のための絵日記を描いたり、
絵カードをつくったり、
次男の保育園ノートを書いたり、
のこっている家事をする毎日だった。

ずっと観てきたつもり。
あまり干渉はしなかった方だと思うけど。

ずっと想ってきた。
それをお弁当やご飯で表現するのが
精一杯なときもあった。

ずっと観てきたし、
ずっと想ってきたから言える。

信じてるねん。
どんな道を選んでも、
自分で決めた道ならば、
あなたはしっかり自分で考えて進んでいけると。

必要なときは人の意見も素直に聞けると。

枠におさまらず、
思うように、やったらいい。

この機会に私もどこかに旅に出ればよかったな、
と今になって思う。
そんなことを考える余力もなかったし、
実際、落ち着かないけれど。

わたしはここで、粛々と日常を。
感性を際立たせて。

おかあさんもずーっと、すきやねん。
あなたたちのこと。

ガンバレ。
とびたて。

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です