手話通訳は、聴こえる人にも必要なのです。 | 美月ここねofficial site

手話通訳は、聴こえる人にも必要なのです。

「手話通訳は、
聴こえにくい人のためだけにあるものじゃない。」

昨日、4人目の講師として登壇された方の話の中で、
心に残った言葉。  

恥ずかしいと思いました。
そこに想いが至ってなかったことを。

コミュニケーションは双方向。

伝えたい人がいて、
知りたい人がいる。

知りたい人のためだけに通訳がいるわけではなくて、
伝えたい人にとっても、
通訳は必要なんだ。

ちょっと考えたら当たり前のことなのに、
どうしてそう、
はっきり認識できてなかったんだろう。

外国語の通訳などだと、当たり前の認識なのに。
手話だって言語。わかりあいたい人と人。

以前、難聴の友達にノートテイクを頼まれました。

その市では、
病院、役所関係の付き添いなら手話通訳を派遣するが、
趣味に関しては派遣できない、といわれたそうです。

そういう場合、
自分で通訳を探して御礼をするそうです。

伝えたい人がいて、
それを知りたい人がいる。

両者にとって必要なのが通訳なのに、
どうして聴こえにくい人だけが、
通訳への御礼を負担しなくてはいけないんだろう。

そんなことを、
20年も聞こえにくい息子を育ててきて、
気づくことができていなかった恥をさらすようで、
穴があったら入りたいぐらいの気持ちですが、

わたしが恥をさらすことで、
誰かの心に届くものが少しでもあるなら、
と思い、記事にします。

聴こえにくい息子のために
手話を学ぶんじゃなくて、
自分が伝えたいことを
伝えられるようになるために学ぶ。

そこははっきりしていたのに、

手話通訳士にかかる費用について、
公費で派遣されない場合、
個人が負担していることに対して、
疑問に思わなかった自分が恥ずかしい。

手話通訳は、
聴こえる人にとっても必要なものです。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です