どうしても記事にしておきたくなりました。 | 美月ここねofficial site

どうしても記事にしておきたくなりました。

 

 

告知文を書く時も、
記事をかくときも、

誰か一人を明確にイメージして、
文章をつくることが大切と、
マツダミヒロさんから教えていただいていました。

だから本を書いたときも、
その”一人”を明確にイメージしていました。

それは、

”子どものハンディがわかったばかりで、
私ががんばらなくちゃ、
と背負い込んでいるママ”。

その一人に向けて書く言葉は、
研ぎ澄まされて、
結果的に、他の人にも届く。

その学び通り、

ハンディをもつ子どものママ達にはもちろん、
健常児のママにも、パパにも、
ご自身がハンディをお持ちの方にも、

学校の先生にも、
会社の社長にも、
看護師さんにも、

ペットをこよなく愛する人にも、
お子さんはいないんだけれども、
自分の親との関係を見つめたかった方にも、

本当に色々な方に届き、
今でも感想を寄せていただきます。

先日いただいた感想は、
「結婚も出産もまだですが、
楽しみになりました。」というもの。
これもとても嬉しいでした。

この本を出版しようと決めてから、
実際に刷り上がるまで、たったの2カ月。

私はひたすら原稿を書く。
かきぴいがデータにおこす。
ジャックは出版社の立ち上げや、印刷業者さんの選定。
あんちゃんはHPや、販促にかかわるデザインを。
けんちゃんや他の方々が校正やデータ管理を。
ペンネームを決めたあと、
すみちゃんや武ちゃんがサインを一緒に考えてくれて、
烙印を創ってくださった方がいたり、
そしてけめちゃんが、イラストを描いてくれました。

他にもお世話になった方々は数知れず。

この2カ月のこと、
そして出版されてからの出来事やご縁は、
それ自体が本になるんじゃないかと思うほどです。

聾学校のPTA研修会や、
特別支援に関わる先生方、
手話サークルや、
ろうあ会館などの職員研修、

聴覚障がいに関わる方々に、
研修や講演をお届けできるようになってきたことも、
多くの方のご縁、ご協力あってのことです。

息子と私を育ててくれた、
聾文化や聾社会、
それを支えてくださっている方々、
あとに続く若いママたち。

そのような方たちに、
私にできる、私なりのご恩返しができるようになれば、
と思うようになれたのも、
この本がきっかけです。

年の瀬。
大切なものを振り返っていて、
どうしても記事にしておきたくなりました。

美月ここねを生み出してくださった皆様。
関わってくださっている皆様。
本当にありがとう。

美月ここねオフィシャルサイト
http://mizukicocone.com/

本は、私までご連絡いただければ、
少々お時間いただきますが、
サインをして送らせていただきます◎

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です