奥さんがほしくなるわけよ。笑 | 美月ここねofficial site

奥さんがほしくなるわけよ。笑

13895359_1187957547923396_4962314445332276376_n
忙しいのに、
どうやって食事をつくっているのか、
訊かれることがある。

本当は、他に誰かいるでしょ。
と言われたこともある。笑

わたしの答えは、
愛情と根性www

早起きして、もしくは前夜のうちに、
味がしみた方が美味しいものや煮物を、
一・二品つくっておく。

和え物は直前に和えた方がおいしいから、
和える直前まで準備をしておいて、
場合によっては調味料も混ぜておいて、
帰ってきてからさっと仕上げる。

メインは、
材料を切っておいて、
帰ってきてから焼くなり炒めるなりする。

だから、
1週間分の献立を立てる時点から、
栄養バランス、家族の好みにプラスして、
自分のその日の予定による忙しさも鑑みて、
プラス、上記をなるべく組み込んで、
食材も無駄にならないように考える。

そうやって、
やりくりしてきた家族の食卓。

子どもたちが小さかったとき。
毎日上の子と聾学校にいくために、
下の子は保育所だった。

だから、働いているママと同じぐらい、
毎日余裕がない中で、
でも稼いでいるわけでもないから、
その負い目から、

そして今は、
好きなことをさせてもらっている、
という負い目から、

しっかり家事はこなさなくては、
という気持ちひとつでやっている。

自分が留守をするときは、
作り置きのおかずをたくさんつくる。
自分は家で食べなくても、
家族の分はつくるのが、
主婦の最低限の務めだと思ってきた。

お母さんがやりすぎると、
子どもたちが料理しないわけで、
それは子供にとって不幸だと、
友達に言われたことがあった。

わたしだって、本当は教えたかった。
でもハンディのある子の療育。
それにプラスして主人の起業のサポート。

今考えてみても、
どこにも、子供に料理を教える余裕は、
なかった気がする。

忙しいのに、
どうやって食事をつくっているか。

その答えは、
やっぱり愛情と根性と、
工夫と、ちょっぴりの努力かな(*˘︶˘*)

いつか、食事をつくらなくても、
手放しで外出、外泊できる日がくることが、
今から実は、とっても楽しみだったりする◎

本当は料理。好きだったんだけどなー^^;

そして今夜も、
今から台所を片づけて、
1週間分の献立を考えて、
買い物リストをつくり、
ネットスーパーで注文するわけ。

ね。時々、
奥さんがほしくなるわけよ。笑

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です