人生創っていってほしいなと思うだけだ。  | 美月ここねofficial site

人生創っていってほしいなと思うだけだ。 

13872698_1180022182050266_5023229911846518630_n

 

子どもたちが小さい頃の私を知っているママ友は、
「よく怒ってたよねー」という。

それを知らない人たちは、
「ここねさんが怒るのが想像できない」という。 

いやーーーかなり怒ってました。
だって、こういう状況が日常茶飯事。

下の子を保育所に連れていって、
上の子と毎日聾学校に行かないといけないのに、
朝からこれです^^;

実家は遠く、
夫は企業戦士で、
ほんとに孤軍奮闘でした。

出かける時間が決まっているときに、
これをされたら、
まぁふつう、
ニコニコしてられないでしょ。

ほんまに悪かった。この二人。笑

なぜ写真を撮っているかというと、
決して余裕があるわけではなく、

私たち聴覚障害児の親は、
絵日記を毎日書かなくてはいけなくて、

今のようにデジカメやスマホがないから、
こういう衝撃的(笑)なものは
カメラで撮ったものを現像して、
後日、それを見ながら、
絵を描いていたのです。

絵が苦手な私は本当に毎日、
絵日記も大変だった。
子どもたちを寝かしつけたあと、
そのまま眠りたいカラダにむちうって、
起き上がって、描く。

その絵日記を、翌日、聾学校で見ながら、
言葉を教えていくんですよね。
だから絶対に、描かないといけなかった。

「これ、小麦粉、だよ。
ピザをつくったり、ケーキを焼くときにつかうね。
それを康介は、ばらまいたんだよ。
おかあさん、おこったよねー
かんちはわんわん泣いたね。
このあと、どうやってお片付けしたっけ。
そう。とにかく動かないで。っていって、
お母さん、まずかんちから、どけたよねー」

みたいに、
ひたすら息子の目をみて話続ける。

あいづちも、何もないけれど、
彼の心に言葉が届くことを信じて、

ひたすら話続ける。

そうやって、”言葉のシャワー”を毎日浴びながら、
聴覚にハンディのあるこどもたちは、
言語を習得していくのです。

昨日、息子のハンディ発見から
現在に至るまでのことを、
インタビューされました。

そして色々思い出したんだけれども、

ハード面、と言ったらいいんだろうか。
調査して、理論的に考えなくてはならない物事は、
わたし、本当に苦手だったんだなと感じた。

病院選びのこと、
人工内耳のスペックのこと、
FM補聴器のこと、

そのあたりのことはほとんど記憶になくて、

どう育てたらいいの?
ということばかり、記憶に残っています。

そして、
就職についてはどう考えておられますか?
という最後のしつもんで、

一気に想いがあふれた。

私は完全に、手放しているんだなと。
もちろんいい意味で。

それぞれ彼らの人生は彼らのもの。

将来こうなってほしいとか、
こんな職業についてほしいというのは全くなくて、

自分が望む未来を手に入れてほしいし、
そばにいる人たちと、
しあわせを感じられる人でいてほしい。
ただそれだけ。

いざという時は絶対かけつけるし、
困ったときには最大限サポートはするけれど、

自分で選択しながら、
やってみながら、
いろいろ感じながら、
人生創っていってほしいなと思うだけだ。

そして絶対に幸せになると信じてる。

それしか、出てきませんでした。

怒ってばかりだったお母さん。
もうすぐお母さん歴20年。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です