『本当に、会えて、うれしい。』 | 美月ここねofficial site

『本当に、会えて、うれしい。』

12644892_1065410450178107_2320650177805665884_n
12642871_1065410290178123_2650660195070920766_n
12669480_1065410483511437_2606188817964891632_n

手話通訳付きの講座が終わった時に、
受講生の中にいた難聴の方が、
話をしに来てくれた。

「手話通訳士の手話は完璧だけど、
私はあなたの笑顔を見ながら、
話を聴きたかった(みたかった)。
上手じゃなくてもいいから、
自分の手話で伝えてほしい。」

一瞬、嬉しい気持ちがよぎったが、
すぐに大きなショックに変わった。

私は一体何をしているんだろう。

正しい文法や、
豊富なボキャブラリーよりも、

本気で伝える努力をすることを、
伝えることを諦めない気持ちを、

難聴の息子に伝えてきたつもりなのに、
私はいったい何をしているんだろう。

14年ぐらい前になるのか。
初めて公の機関で手話を学んだ。
そのときの恩師がいる。

3、4年前に主催した、
杉浦 貴之さんのライブ。

難聴の息子にもたかさんの話を聞かせたいとおもったが、
なんせ、たかさんの話はエロい。笑

リアルに訳してもらうには若い人には気の毒だし、笑
その辺は、全部を丁寧に伝えてもらわなくてもいいし、
そんな加減ができる人は、
彼女しか思いつかなかった。

そして何より、
彼女自身ががんサバイバーだった。
だから、たかさんの話にふれてほしいと思って、
当日の手話通訳をお願いした。

手話歌パフォーマーの方も華を添えてくださって、
エロい中にも感動あり、笑いあり、涙ありの、
素晴らしい会になった。

その後、メルアドが変わったり、
タイミングが合わなかったりして、
連絡がとぎれとぎれになっていた。

それが今年の年賀状に、
電話番号が書かれていた。
そして、再発したと。

すぐに電話で連絡をとり、
会う約束をし、それが今日。

『本当に、会えて、うれしい。』

その気持ちだけで、
待ち合わせ場所に向かった。

お互いに積もる話をした。

まむちんのありがとうのうたをみせた。
あ。ちがう。おたんじょうびのうた。笑
てばなしⓇの話をした。

ふうちゃんの手話譜をみせた。
ここね本を渡しながら、けめちゃんの話をした。
大津のCODAの、尾中夫妻のことを話した。
そして、冒頭の話をした。

早速、講座の内容の即したプライベートレッスンを、
始めてくださることになった。

どれぐらいの時間がかかるかは、
始めてみないとわからないけれど、
最初の受講生は決めている。

「あなたの笑顔を見ながら受講したい。」
と伝えてくれた彼女。

先生はおっしゃった。
病院への付き添い通訳が多い中、
心掛けているのは、
どんな言葉も口角をあげて伝えること。

ドクターの言う言葉をそのまま訳すというよりも、
事実は曲げずに伝えるけれども、
本人が前向きになれるような言葉を選んで、
ドクターにも間違っていないか確認をしたうえで、
笑顔で伝えるんだと。

そんな彼女の心の通った通訳を、
頼りにしている方は多いに違いない。

日常会話は、それとなく、
なんとなく雰囲気でできるけど、
講座となると話は違う。

でも、たとえ、1年に数回でも、
1年に一人でも二人でも、
手話で私の講座を伝える機会があるならば、
これは、どんなに時間がかかっても、
大事なチャレンジ。

もう先送りにするのはやめた。

自分の手話で伝える講座。
必ず年内には、実現しようと思います。

写真は、上から順に(横に順に??)、
『本当に』『会えて』『うれしい』です(*˘︶˘*)

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です