そして自分自身に会いにいくような気持ちです。 | 美月ここねofficial site

そして自分自身に会いにいくような気持ちです。

12319623_1030268440358975_732384910_n

 

2年前の11月。

息子が2歳の時から4年間、
毎日通った聴覚特別支援学校の、
隣にある公園にたたずんだ。 

思いがけず、
涙があふれてきた。

当時は何もかもが不安で、
何もかもに一生懸命で、
自分のことなんてまったく考えられなくて、

いうこときかない息子に困って、
イライラしている自分が嫌で、
だけどそんな自分から逃げ出すこともできなくて、

本当につらかった。
今思えば、
楽しいこともいっぱいあったはずなんだけど。



「ここに、10年前のあなたが座っているとしたら、
今のあなたは何と声をかける?」
と、一緒にいた人に、ふいに質問された。

でてきた答えは、
「よくがんばってるね。
絶対だいじょうぶ。
絶対だいじょうぶだからね。」

今、目の前で、若いお母さんが、
もし心細そうにしていたら、
わたしは、そう、声をかけるんだな。
心の底からはっきり感じた。

そこから1年後。
美月ここねとして本を書いた。

そしてさらにそこから1年後の今日。
この学校で、
息子と私がお世話になったこの聴覚特別支援学校で、

難聴児を育てている若いママ達に、
話をする機会をいただいた。

事前のアンケートに寄せられている質問には、

障がいが分かったとき、
どうやって気持ちをたてなおしたのか。

こどもがつまずいた時、
どう関わったらいいのか。

人工内耳をして、
息子さんは今、どう思っているのか。

こども自身が障害に気づいたとき、
どんな話をしたか。

具体的な質問が並んでる。

主催者の方のゴールは、

日々不安な中で、疲れているママ達が、
だいじょうぶ。と安心して、
また前を向けているといいな。



そこに、
みんなでいけたらいいなと思います。

この学校の幼稚部を卒業した息子は、
聾学校の先生になりたいと言って、

高校の時の就学体験で、
聾学校小学部で話をさせてもらいました。
そして大学に進学。

下宿先についた引っ越しの段ボールから、
ここね本が出てきたときには、泣けた。

聴こえる親の気持ち。
聴こえない子どもの気持ち。

いろんなことがわかる先生になれたらいいね。

歩くだけで涙が出そうになる、
学校に向かう道。

15年前の息子や息子の友達たち。
ママ友や先生方。
そして自分自身に会いにいくような気持ちです。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です