涙が出そう。 | 美月ここねofficial site

涙が出そう。

11202089_975403785845441_5166162627165081647_n

 

言いたい、と思える人がいて、
言えたら、それでいいんだよ。
そういう存在でいてくれることが、
大事なの。



彼女のメッセージに、
言葉を失った。

どうも、
からだが思うようにしゃきっとしない。
ソファーでだらだら。

「ご飯つくるのめんどくさいなー」と、
他愛もないチャットを、
彼女としていた。

「ハイジはえらいよ。
いつもご飯をちゃんとつくって。
わたしなんか、作る気ゼロ。

でもね。
わたしも、
子どもがいたら、もうちょっとちゃんと、
作ってたんだろうなーって。

こういうなんてことないときに、
子どもがいた時のことを、
思い出す。
そしてちょっとだけ寂しくなる。」と。

彼女はお子さんを、
亡くしている。

どうやっても、
彼女のココロに寄り添えきれないことが、
せつない。

そんなわたしに、
彼女はいってくれた。

「言いたい、と思える人がいて、
言えたら、それでいいんだよ。
そういう存在でいてくれることが、
大事なの。」

誰も、誰のこころも気持ちも、
本当の意味でわかることはできない。

わかったつもりになることも、
とてもあやうい。

それでもわかりたいと、
寄り添いたいと思い続けるのが、
大切なことだと思うんだけど、

そばにいることしかできない自分の微力さが、
情けなくなることがある。

でも、そばにいることができることが、
とてもありがたいことがともおもう。

そういう関係が、
どれだけの人と築けるか。

数じゃなくて、質の問題として。

あなたの存在が、
わたしにとって、大事。

そう想い会えることに、
心がふるえます。

今夜は、息子の好物を、
作る約束しているの。
めんどくさいけど、
とてもありがたいことなんだと、
涙が出そう。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です